人気ブログランキング |

タイマイ(海亀)の運命

【タイマイ(海亀)の運命】
 リサイクル品(骨董品)が趣味な私は、リサイクルショップ巡りをたまにやる。そうした中、哀しい現実を目の当たりにしている。
 平成5年4月に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)が施行されました。種の保存法では、国内に生息・生育する、又は、外国産の希少な野生生物を保全するために必要な措置を定めています。

 この法律の中には、生きた野生生物だけでなく、個体の加工品、つまり剥製や標本も含まれています
 
 こうした生体、加工品の中で、国内希少野生動植物種と国際希少野生動植物種に指定されているものについては、販売・頒布目的の陳列・広告と、譲渡し等(あげる、売る、貸す、もらう、買う、借りる)は原則として禁止されています。

 例外的に譲渡し等が認められる場合として、環境大臣の許可を受けたもの、大学や博物館等が所定の届出を提出したもの、等があります。

 古くからべっ甲文化のあった日本は、海亀の中でも特にタイマイという種を捕獲し、装飾品など加工品にしていました。それだけでなく、自宅にキジなどの剥製を展示することが一般的だった昭和の時代、タイマイ(海亀)の剥製も一般家庭で展示品として広く流通していました。

 しかし剥製などを家に飾らなくなった現代において、多くの高齢の方が、タイマイの剥製を手放したいというのですが、種の保存法で「譲渡」も禁じられているため、安易に人に譲ったり、リサイクルショップに売ることも違法となるのです。
 
 この法律を知らない人も多く、警察官でも知らない方がほとんどですが、違法で罰金があると知った一般人の大半は、タイマイの剥製をゴミとして捨てています。

 許可書を取れば譲渡が可能になる場合もあるのですが、一般人がわざわざそこまでしないのです。しかも、昭和時代に購入した剥製のデータも何も判らないものの登録となると、嘘の登録をするしかなくなる。

 こうして一般人の多くは、家に古くからあるタイマイの剥製を破棄してしまっています。

 リサイクルショップ側も、タイマイの剥製などいまどき買う人はそういない。だから、売れない商品として、入手しても破棄することが多いと聞きます。

 法律には欠陥が必ずあるし、決して、環境省批判をしていているわけではないのですが、どうしたらいいものか?といつも哀しい現状に出くわす場面が多いのです。

写真はwikipediaより

e0416295_09223153.jpg


by habachie0221 | 2019-10-21 09:24 | 自然 | Comments(0)

書籍【わたし、虐待サバイバー】に掲載できなかった内容や虐待に関する啓発を行っていきます。また専門の野生動物や自然についてもコラムを書きます。


by 羽馬 千恵(はば ちえ)